加害者との示談

交通事故の加害者との示談は弁護士を通して行う

交通事故で加害者と示談交渉を行うときには、弁護士を通して交渉を行うことが不筒であるためその準備を整えてなくてはなりません。日本の自動車の保険制度は特殊で、他の取引にはない携帯で取引が進められていきます。そもそも、自動車の運転には一定の危険が伴いますので、その危険性を排除するためには保険を適用させて将来的なリスクを排除しなくてはいけません。

こうした観点から、日本国内で自動車を購入するときには強制加入で一定の保険に加入しなくてはならないようになっており、自動車を購入した人で事故を起こした時にはまずこの保険の適用が認められることになります。そのため、加害者と話し合いをするまでもなくまずこの保険に関して計算をする必要があるわけです。一方で、弁護士が話し合いに参加しなくてはならなくてはいけないほどの状況になるのは民間の保険会社に加入していた場合です。この場合には、それぞれの民間の保険会社と弁護士が逐一話し合いをして満足の行く結果を残さなくてはならなくなるので依頼人の方もできるだけ情報や証拠を弁護士に提供しなくてはなりません。

交通事故の加害者の特殊な点は、実際に事故を起こした人物と慰謝料を請求する相手がイコールでつながらないことです。確かに、交通事故で加害者がいるのは間違いありませんが上記のように自動車を購入している人は保険に加入していますので、弁護士が話し合いをすすめるときには保険会社の人間やその専門家が出てきてその人達と話をすることになります。つまり、直接的に被害者と加害者が交通事故に関して話し合いをする機会というのがほとんどないわけです。

本来、通常の日常生活のトラブル程度ならば被害者と加害をした者がお互いに話し合いをし、その話し合いで納得ができない場合には裁判などによって決着をつけることになります。ところが、交通事故の場合には両者が表に出て話し合いをすることが一切なく代理人同士の話し合いで決着がつくことが殆どで、本人の主張は弁護士を通して行うことが普通なわけです。こうした状況では、できるだけ客観的な証拠を集めて相手を納得させる必要性が出てきます。そうしないと、法律的な専門家である両者をお互いに納得させることが出来ないからです。

こうした交通事故の特殊性は、交通事故に関連する殆どの人が示談交渉で話し合いを決着させるというデータからもう受け取れます。専門性が強い相手と交渉をしなくてはならないことを忘れてはいけません。”