後遺障害

後遺障害になった時は交通事故の弁護士に事実を伝える

後遺障害になった時には、それを証明する仏性を持って交通事故を担当することになった弁護士に対して必ず事実を伝えることが重要です。交通事故で加害者側に対して請求できる権利は複数存在し、同じような慰謝料という観点から考えても中身は全く別物であることが非常に多いのです。実際に、慰謝料とは別にして後遺障害になった時にはそれに対応するお金を別途要求することができるので、普通の相場よりか遥かに大きなお金を相手に対して要求することが出来るようになります。

後遺障害は、交通事故によって被害者が元の日常生活に支障が生じてしまうくらいに大きな怪我を背負ってしまったことを言います。後遺障害は、基本的に被害者に過失がない場合に認められるものであるため、本人の過失がほぼ100%認められるときにはそれに伴う充実した補償が出ない時もあるので注意が必要です。

そうではなく、加害者側の過失によって被害者が重い障害になってしまった時には、被害者は障害になってしまったという証明をしてもらうことが出来るようになりますので、これを物証としていろいろな人に客観的に認めてもらうことが出来るように後遺障害等級認定という認定を受けて必要な保証をもらうことが出来るように手続きを進めていかなくてはなりません。

交通事故では、障害を背負うほどの認定を受けるときに等級という一種の階級のようなものが設定されます。この階級は全てで14等級存在し、1級に近づくほどより重い障害を背負ってしまったことを意味しますので、等級認定をするときにはこの階級に関する知識も知っておく必要があります。

実際に交通事故で等級認定を受けて弁護士にその事実を話せば、保険会社の方もそれに従って慰謝料などを計算せざるを得なくなりますので大きな金額を請求することが可能です。等級認定で受け取ることが出来るお金と治療に必要になったことに関する医療費や通院費、それに加えて交通事故に関連する損害賠償請求はそれぞれ別の権利であるので、それぞれの権利の合わせて計算して請求することも当然出来ます。このような場合には、保険会社に対して内訳を提示してどのくらいのお金になるのかを示しておきましょう。

弁護士に対する情報は正しくないときちんと弁護してもらうことができなくなります。特に交通事故の等級認定は非常に重要になる要素の一つであるため、忘れないように弁護士に対して情報を提供して万全の対策をしておきましょう。”