費用は大きくない

交通事故に関連する弁護士の費用は大きくならない

交通事故の問題を解決するときに必要になるのは、弁護士に対する解決への相談と依頼です。一般的に、弁護士に対する依頼に関しては敷居が高いものと考えられているケースも有るのですが交通事故に関しては全くそのようなことはなく、むしろ依頼人が負担に感じるほどの費用になることはまずないと考えて間違いありません。弁護士の費用は、そもそも法律によって厳格に規定されていますので法定外のお金を請求されることはないのです。裁判費用などに関しては完全な成功報酬と決められていますので、結果が出ていない時点で相手に対してお金を払う必要はなく、仮に交通事故の示談交渉などで満足の行く結果を得られなかった時には必要経費だけを支払えば十分でしょう。

交通事故を弁護士に相談するときの内訳としては、弁護士に対する相談料金と着手金と成功報酬の三つに分類することが出来ます。この中でも最も費用が大きくなるのは裁判費用で間違いありませんが、裁判の料金に関しては成功報酬なので、裁判や示談金から得ることが出来た何%かを裁判や示談がある前に事前に決めておくことが普通になっています。

相談料金が弁護士に対する依頼の中でも最も安い料金で、これは相談する時間が長くなるほど高くなる傾向にありますので交通事故の相談をするときには相談内容を簡潔にまとめて伝えることが非常に重要です。必要なことをまとめれば30分もかからずに要件を相手に対して言うことは出来ますので、これでだいたい5000円程度に相談料金は抑えることが出来ます。

着手金に関しては交通事故に必要な手続きによって異なります。法律家は、依頼人から何らかの依頼をされた時に法律的な事務手続きが必要になる時がありますので、着手金はこうした際に必要になる料金として払うことになります。例えば、最も利用されることが多い債務整理の任意整理などでは一社あたり3万円程度しかかかりません。交通事故の場合には保険会社との兼ね合いもありますので内訳を詳しく試算してもらうことが大事です。

このように弁護士に対する料金を見ると、やはり大きな割合を占めているのは成功報酬の裁判や示談の報酬ということになります。慰謝料の10%を報酬として払う旨を決めていた場合には最初からそれを基準として計算すればよいことになるため料金の計算は非常に簡単になりますが、こうした計算はあくまでも裁判や示談に法律家が勝利した時に払うお金であるということを重々承知しておかなくてはなりません。”