一戸建てと住宅の寿命

人気のある横浜エリアの一戸建てと住宅の寿命

横浜と言うのは、関東の中でも人気が高いエリアですが、横浜には海のある地域があります。
また、横浜に住んで居る人の多くは、このエリアは丘が多く在るとも言います。
地域にもよりますが、小高い丘の上の方まで一戸建て住宅が並んでいる地域も少なくありませんし、中にはかなり上まで上がらないと家にたどり着けないような一戸建て住宅も在ります。

しかしながら、マイカーなどの車を利用したり、バスを利用するなどで日常の生活には支障をきたす事は在りませんし、小高い丘の上にある分見晴らしが良いと言ったメリットがある事からも、横浜の一戸建ては住環境が良く人気があるのです。
因みに、横浜の中でも金沢区や磯子区などの場合は海と山の自然が豊富に在るエリアで、自然を好む人には特別人気があるエリアでもあるです。

但し、海に近い事からも東京湾から入る潮風が有りますので塩害と言うものが在ります。
塩害と言ってもそれほど酷いものではなく、住宅の寿命を短くしてしまうと言ったものでもないのです。

因みに、一戸建てなどの住宅の寿命というのは27年とも30年とも言われていますが、これは交通省が公表している数値であり、木造住宅の場合は、これくらいの年数になると言う目安です。
しかし、この年数が超えたからと言っても、築年数が40年を超えている一戸建て物件も数多くあります。

尚、交通省が公表している数値というのは、取り壊した住宅の平均築年数であり、実際の寿命とは異なるのです。
新築の住宅を建築するためなどの理由で取り壊されたものなのです。

中古一戸建てなどの物件の中には30年を超えている物件が数多くありますので、住宅の寿命というのはメンテナンス次第で変わると言われているのです。

一戸建ては、10年に一度の割合で外壁塗装を行い、屋根塗装においては8年に1度と言われています。

外壁や屋根と言う場所は、太陽の紫外線を受ける場所であり、太陽熱、雨、風などにより常に劣化が進む場所でもあるのです。
住宅の内部には木材や釘などの金属が使われていますが、雨水が侵食する事で木材を腐らせてしまい、金属は錆びつくことになります。
また、室内に水が侵食する事で湿気が起きますので、その湿気によりカビの発生が起きます。

カビは人間の身体に悪影響を及ぼすものですので、これらの症状が起きないためにも、家のメンテナンスが必要になるのです。
外壁塗装や屋根塗装は、単に塗料を塗るのではなく、劣化した箇所をメンテナンスしてから塗装を行います。
これを行う事で塗料の膜がしっかりと外壁や屋根に作り出され、雨水を弾き飛ばせるようになるのです。